2016/01/12

臆病者のための Ansible

Target

Ansible を使ってみてその便利さに驚愕するとともに、他人が作ったPlaybookを引き継ぐ怖さも知る。
全て手順書のように書いていればいいのだが、多数のRoleを使い高度に書かれたAnsible playbookを引き継ぎ、メンテまたは代わりに実行するのはとても怖い。
playbook実行する前に何がどうなるのか確認しまくりたい。

そんな自分のための初心者ガイド

Links

実行の仕方など基礎的な事は公式ドキュメント参照

Hello world
http://docs.ansible.com/ansible/intro_getting_started.html

どうやって使うかのオススメ、ディレクトリ配置など
http://docs.ansible.com/ansible/playbooks_best_practices.html

確認コマンド

playbook は実行前に色々確認したいですよね。

基本

ansible-playbook playbook.yml

これで playbook が実行されます、設定がしっかりしてる環境であれば、外部サーバに実際に変更を行ったり、時には取り返しのつかない変更が実行されたりします。何も考えずに実行するのは危険

確認 hosts

ansible-playbook playbook.yml --list-hosts

playbook は実行されません。
playbookが実行される相手先をリストアップするだけです。
host は hosts ファイルなどで定義された ansible のためのサーバー接続先設定のことです。

制限 hosts

ansible-playbook playbook.yml -l hoge --list-hosts

-l の後に host 名もしくは hostgroup 名を入力すれば playbook の接続先を制限することができます。 --list-hosts と組み合わせると捗ります。

確認 tasks

ansible-playbook playbook.yml --list-task

playbook は実行されません。
各タスクの-name箇所が実行順番通りに列挙されます。
-nameをきちんと書いておけばきっちり確認になります。

私は気になる箇所は 出力内容で grep 検索しています。

確認 最終

ansible-playbook playbook.yml -CD

playbook は実行されません。
-CD-C, --check, -D, --diff の合成です。
二つ同時に実行したほうが効果的です。
playbook は実行されませんが、実際に各 host に接続し、
実際に実行した際のファイル差分(あれば)が表示されます。

playbook の構成によってはエラーになりますが、内容をよく見て本当にエラーか確認してください。
例えば以下手順は playbook が正常であっても、エラーになります。

  1. ansible がファイルAを消す
  2. ansible がファイルAがないことを確認する

実際にはファイルAは消されていないので手順2でエラーになります。

また、さらに詳細に内容がみたい場合は以下実行して下さい

ansible-playbook playbook.yml -CD -vvvv

-v, –verbose verbose mode (-vvv for more, -vvvv to enable
connection debugging)

では良いAnsibleライフを

0 件のコメント:

コメントを投稿