2016/01/22

Scrum Gathering Tokyo 2016

Regional Scrum Gathering Tokyo に行ってきました。

Scrum Gathering って何?

正式名称は
[Regional|Global] Scrum Gathering (場所)
になります。
Scrum (参照 スクラムガイド.pdf)を実践している人たちが集まり、発表をし、それぞれがそこから何かを学び取ろうという二日間丸一日ぶち抜きのイベントです。

今年は会社がお金出してくれたので気兼ねなくいけました。

どんな内容?

午前中は 開会の話 と基調講演で両方とも英語ですが、同時通訳機と同時通訳の人がいます。英語から日本語、日本語から英語どちらも対応しています。
私はがんばって同時通訳機なしでチャンレンジしてみたので、どれぐらいの精度だったのかはわかりません。

午後からは各自のセッションが基本的には30分ごとにあり、基調講演が行われたメインルームを2つに分けて2コマずつ同時進行で行われますので、自分が聞きたいと思う方を選んでみていく感じです。

参照:http://2016.scrumgatheringtokyo.org/schedule.html

Day 0

前夜に基調講演をする Bas さんや Ken さんを交えて飲み会しましょうというのがあったので、ほぼ飛び入りで参加してきました。
今年はEary Birdがあまり売れず、正規の値段でビシバシチケットがはけたからか知らないけど、飲み代は向こう持ちでした。ラッキー。
Kenさんとても気さくな方で写真も一緒に撮らせてもらいました。

Day 1

東京に久しぶりの大雪、色々な場所で電車がとまるとまる。
まさにエクストリーム出勤。
仕事だったら家に帰ってたけど、仕事じゃないから仕方ない!

Opening Talk

Scrum Alliance CEO の Pete Deemer さんがお話し。

Keynote

Bas Vodde さんの The Story of LeSS
LeSS に関しては前から気になっていたので、そこを聞こうと思ったけど、勉強会以上の情報はあまりなかったかなぁ。
一番気になったのが、Component team を Feature team にせよの箇所。
私のチームは Feature team 作ろうとして、Component team として扱われているよな。と猛省。

Sessions

参加したのは

  • No Reuse Before Use
  • Bridging the communication gap with Specification by Example
  • Offshore and Nearshore Scrum teams
  • ゲーム作りから導くスクラムマネージャー(資料)
  • Technology-Driven Development

どれも面白かったけど、一番面白かったのはTAI氏の Offshore and Nearshore Scrum teams かな。彼はベトナムでアジャイルコーチをやり、オフショアでスクラムを実現している。自分もベトナムとのオフショアでスクラムを導入しようと模索しているところなので、彼が言う成功の秘訣などはとても参考になった。

Open Jam

会場外でもセッションを行うスペースがあったので、そこでのセッションも参加してみてました。

Day 2

雪はあがり、打って変わって晴天。

Opening Talk

Scrum Alliance CEO の Manny Gonzalez さんがお話し。

Keynote

エッセンシャル スクラム の著者 Ken Rubin 氏による、 Economically Sensible Scrum
かなり実践的な内容で、定義から妥協案までいかにスクラムを経済的に成功させ実現させていくか、について語ってあります。読んだことなかったけど、エッセンシャルスクラム読んでみようかな。

Sessions

以下に参加

  • Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum
  • レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens
  • フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話(資料)
  • 金融系IT企業におけるスクラムへの挑戦
  • Customer Expectations Management of Scrum スクラムにおける事前期待のマネジメント

文句なしに一番面白かったのは藤村さんの フィリピンのスタートアップに〜… 一番笑えた!そして何気に教訓もそこかしことに散りばめられててこれは良い。文句があるとすればマイクを使わないでよかったのではという声量ぐらいか(スタッフが慌ててマイクの音量を下げに行ったと裏話を聞いた)。
金融系〜は名前に偽りはないけど、ついつい金融業務にスクラム使ったのかと期待してしまっていたが、そこは肩透かしを食らった気分。でもやっぱアジャイルコーチいた方がいいんだよな。と感じる。

得た教訓

  • オフショアで2チームでスクラムやるなら、それぞれメンバー( ambassador )の送り合いをする
  • 前に進むパワーはかなり大事
  • スクラムの全体性はスクラムにとってはとても大事
  • Component team ではなく、 feature team を目指す。
  • Component team は cross-functional であることもあるが、 single component である. 参考
  • Feature team は cross-functional かつ cross-component である。
  • スキルセットはTゾーンであればよい。

参考

Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016
スライド資料のRTをしているのでチェック > 公式ツイッター

2016/01/14

LMDE2のNVIDIA Driverを更新する

LMDE2 に NVIDIA のグラフィックドライバを入れます。

Inspect your graphic board

terminalで

lspci -vnn | grep VGA -A 12

Download a driver Installer

NVIDIAの公式サイトからLinux X64用のDriver Installerを手に入れます。
私の場合は以下から
http://www.nvidia.com/download/driverResults.aspx/77525/en-us

NVIDIA-Linux-x86_64-340.32.run というシェルファイルを手に入れました。

Prepare Installation

reboot し grub で recovery mode を選択し、
ログイン画面で、Ctrl + Alt + F1 を押してCUIモードになります。
ユーザーログイン後、

sudo update-initramfs -u

を実行します。
これはNVIDIAシェルがカーネルモジュールを追加するため必要になります。
これが実行されない場合
Nouveau kernel driver を止めてくれとのエラーメッセージが表示されます。

Installation

再度再起動し、recovery modeになり、CUIモードにログインします。
X serviceを止めます。

sudo service mdm stop

インストールを実行します。

sudo sh ~/Downloads/NVIDIA-Linux-x86_64-340.32.run

後は画面の支持に従い、選択していくだけです。
終了後は再度再起動して、ログインしましょう。

2016/01/12

[読書メーター]2015年 12月読書まとめ

先月も本を全然読めてませんね。
昨年7月あたりから職場環境が変わったせいで、
通勤電車内は英語の勉強の場へと変わってしまったので、
1日2時間、一週間で10時間の読書時間がどこかへ行ってしまったのが原因ですね。
なんとか取り返したいと思います。

とりあえず、なにか小説読みたいですね



2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:448ページ
ナイス数:4ナイス

デジカメ初心者がプロの一言でこんなに変わる本デジカメ初心者がプロの一言でこんなに変わる本感想
思ったよりも良いことが書いてあった。悩んでる写真好きな人におすすめ。
読了日:12月14日 著者:石田徳幸
イギリス英語はおもしろい LIVE! (CD BOOK)イギリス英語はおもしろい LIVE! (CD BOOK)
読了日:12月14日 著者:大杉正明
インスタグラム・マーケティング入門インスタグラム・マーケティング入門感想
Samsung kindle で貰えたのでとりあえず読んだ。
読了日:12月9日 著者:山田智恵

読書メーター

臆病者のための Ansible

Target

Ansible を使ってみてその便利さに驚愕するとともに、他人が作ったPlaybookを引き継ぐ怖さも知る。
全て手順書のように書いていればいいのだが、多数のRoleを使い高度に書かれたAnsible playbookを引き継ぎ、メンテまたは代わりに実行するのはとても怖い。
playbook実行する前に何がどうなるのか確認しまくりたい。

そんな自分のための初心者ガイド

Links

実行の仕方など基礎的な事は公式ドキュメント参照

Hello world
http://docs.ansible.com/ansible/intro_getting_started.html

どうやって使うかのオススメ、ディレクトリ配置など
http://docs.ansible.com/ansible/playbooks_best_practices.html

確認コマンド

playbook は実行前に色々確認したいですよね。

基本

ansible-playbook playbook.yml

これで playbook が実行されます、設定がしっかりしてる環境であれば、外部サーバに実際に変更を行ったり、時には取り返しのつかない変更が実行されたりします。何も考えずに実行するのは危険

確認 hosts

ansible-playbook playbook.yml --list-hosts

playbook は実行されません。
playbookが実行される相手先をリストアップするだけです。
host は hosts ファイルなどで定義された ansible のためのサーバー接続先設定のことです。

制限 hosts

ansible-playbook playbook.yml -l hoge --list-hosts

-l の後に host 名もしくは hostgroup 名を入力すれば playbook の接続先を制限することができます。 --list-hosts と組み合わせると捗ります。

確認 tasks

ansible-playbook playbook.yml --list-task

playbook は実行されません。
各タスクの-name箇所が実行順番通りに列挙されます。
-nameをきちんと書いておけばきっちり確認になります。

私は気になる箇所は 出力内容で grep 検索しています。

確認 最終

ansible-playbook playbook.yml -CD

playbook は実行されません。
-CD-C, --check, -D, --diff の合成です。
二つ同時に実行したほうが効果的です。
playbook は実行されませんが、実際に各 host に接続し、
実際に実行した際のファイル差分(あれば)が表示されます。

playbook の構成によってはエラーになりますが、内容をよく見て本当にエラーか確認してください。
例えば以下手順は playbook が正常であっても、エラーになります。

  1. ansible がファイルAを消す
  2. ansible がファイルAがないことを確認する

実際にはファイルAは消されていないので手順2でエラーになります。

また、さらに詳細に内容がみたい場合は以下実行して下さい

ansible-playbook playbook.yml -CD -vvvv

-v, –verbose verbose mode (-vvv for more, -vvvv to enable
connection debugging)

では良いAnsibleライフを