2010/08/19

[読書メーター]2010年 7月読書まとめ

夏は読書に向かない季節。暑い汗が出てページに汗が吸い込まれる気がする。
本だって読まれたくないよね!

って言い訳はおいといて7月は4冊でした。少ない!

ま、Q.E.D.シリーズに手こずったってのもあるけどね。
とりあえず以下です。


7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1412ページ

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)
読了日:07月31日 著者:西尾 維新,take
ゴシック&ロリータ幻想劇場 (角川文庫)ゴシック&ロリータ幻想劇場 (角川文庫)
七曲町子に会うために読んでみた。2〜3ページの短編が多角的に書かれてる本、全ての話が大槻ケンヂ臭い。どーでもいい話も多いが、好きになった話も多い。気づいたら町子と関係ない話がお気に入り。
読了日:07月23日 著者:大槻 ケンヂ
零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
双識はいいね。いい感じに抜けてる。名台詞は「伊織ちゃん!お兄ちゃん助けに来たよ!」かな?
読了日:07月21日 著者:西尾 維新
QED 竹取伝説 (講談社文庫)QED 竹取伝説 (講談社文庫)
うーん、やはりタタルの言葉はわかりにくい。だから何度も読んでしまうのかな?
読了日:07月16日 著者:高田 崇史

読書メーター

2010/08/18

[TS][Windows2008]期限が切れたターミナルサービスの復旧方法


ターミナルサービス(TS)の無料を使ってて、期限が切れた(切れそう)なので
ライセンスを買って設定するなんてことありますよね。


Windows 2008 Server でTSのライセンスが切れたので、設定方法を残しておきます。

前提条件:TS License Serverのインストールを行うサーバーはDomain controllerであること。

ライセンスサーバーのインストール

  1. Server Managerを起動し、Rolesの中のTerminal Servicesを選択し、
    右クリックメニューよりAdd Role Servicesを選択します。


  2. TS Licensingにチェックを入れてNext
     

  3. Configure Discovery Scope for TS Licensing画面が出てくるので
    ターミナルサービスがライセンスサーバーを探す範囲を選択してNext
    (今回はThis Domain)

  4. Confirm Installation Selections画面で、Installをクリックして完了。
     

ライセンスサーバーの設定

  1. Start > Administrative Tools > Terminal Services > TS Licensing Manager を起動します

  2. 対象とするサーバーの状態がNot Activated であることを確認する。

  3. サーバーを選択し、Action > Activate Serverを選択。
    Activate Server Wizardが開始します
     
  4. Connection Method画面Automatic connection(recommended)を選択した状態でNext

  5. Company Information(Provide the requested company information)画面 には必要事項を入れてNext

  6. 次画面のCompany Information(Enter this optional information)画面は空欄でNext

  7. Start Install Licenses Wizard Nowにチェックが入った状態でNext
     

  8. 確認画面が出るので更にNext

  9. License Program画面が出てくるので、License programをそれぞれのライセンスに合わせて選択。

  10. ライセンス入力画面が出るので入力し、Next

  11. Product version and License Type画面で
    Product version : 
    Windows Server 2008
    License type :
    Windows Server 2008 TS Per User CAL
    Quantity :
    4

  12. をそれぞれ入力し、Next

  13. Finishを押して終了。


ターミナルサービスの設定

  1. Start > Administrative Tools > Terminal Services > Terminal Services Configuration を起動します。
     
  2. Edit settingsセクション内のLicensing セクションの
    terminal Services licensing modeのプロパティを右クリックメニューから呼び出します。

  3. LicensingタブのSpecify the terminal Services licensing mode Not yet configuredから
    Per User か Per Device にライセンスにあわせて変更する。
    (他の項目は環境にあわせて変更する可能性あり)。

 

以上。


2010/08/02

[日記][二眼レフ]二眼レフカメラ - 大人の科学マガジン

今年の誕生に嫁さんからプレゼントに
Vol.25 35mm二眼レフカメラ | 大人の科学マガジン」をもらいました。
大人の科学マガジンはちょっと大きな書店にいけば置いてるので
知ってる人も多いと思います。大人向け学研の付録付き雑誌ですね。

今回プレゼントしてもらった号の付録は二眼レフカメラ。
二眼レフカメラって、どこかで見たことあるような気もするけど、
20代の人で手に持ったことがある人は少ないんじゃないだろうか?

正直カメラオブスキュラと同時代にあったんじゃないかと疑ってしまうような代物です。

なんでレンズが二つあるの?
なんて疑問を抱きつつも組み立ててみました。

組み立てることで内部構造が明らかになり、
疑問は即氷解。
やはり自分の手でくみ上げることは理解への一番の近道ですね。



二眼レフは上下に二つのレンズが備わっていて、
上のレンズは単なるのぞき穴。
下のレンズから取り込まれた光をフィルムに焼き付けます。

実際はもう少しだけギミックがあり、
上のレンズと下のレンズのピント調整機能が連動しており、
上のレンズでピントを合わせると下のレンズでもピントがあう仕組み。

ちなみにこの二眼レフはのぞき穴はなく、
上のレンズから入った光は中の反射板を通って、
カメラ上部のスクリーン板に投影されます。



さてカメラが出来上がったので、
久しぶりに35mmフィルムを購入しロケテ開始。

懐かしいフィルム臭を嗅ぎながらセットしたところで、
嫁さんが大人の科学を見ながら一言。
「あれ?ISO400推奨って書いてるけど」

何それ?ISOって何?
無知な私は知らなかったのですが、ISOって感度のことなんですね。
付録のカメラは所謂トイカメラなので、ISO高めのものを使わないとうまく写せないっぽいですね。

私がとりあえず安売り山積みされてたフィルムを35mmってとこだけしか見ずに買ったので、
ISOは100でした。

とりあえず写して現像に出してみるよ!と
出してみたのですが、
結果は残念。

あまりにも薄すぎて写真屋さんが切る場所わからん!と放棄するほど。

ま、まぁ感光してないってことは、カメラの暗室はきっちり出来てるってことだし!
うっすら何か写ってるのはわかるし!

とりあえずISO400のフィルムセットしたから次に期待だ!