2010/05/13

[DynamicsAX2009]Admin グループの権限が外れた場合の対処方法

DynamicsAxにはデフォルトで管理者グループ「Admin」が存在します。
Adminは全ての画面・機能へのアクセス権限を持ち、それを修正することは出来ません。

しかしながら、開発時DBの差し替え、aodファイルによる定義差し替え等によって
Adminの権限が外れてしまう場合があります。

その状態を修正しようにも「Adminは全ての権限を持っている、かつ、修正する必要はない」
の要件が邪魔をして修正できません。

その際の対処方法を提示します。

Adminグループの権限を確認する方法

  1. Administration > Ad,omostratopm Area の
    Setupセクション User group permissions を起動。

  2. Admin を選択している状態で Permissions タブを選択

  3. 全て、Full control になっていることを確認する。

Adminグループの権限を編集する方法

  1. AOTから Forms > SysUserGroupSecurity.isAdminをEditする。

  2. return true; をコメントアウトする。

  3. これで先程のUser group permissions 画面で編集出来るようになる。


ソース例

#admin
boolean isAdmin()
{
if (userGroupInfo.Id == #AdminUserGroup &&
(domainInfo.Id == #AdminDomain || !useDomains))
{
//return true;
}
return false;
}

0 件のコメント:

コメントを投稿