2010/01/16

[DynamicsAX2009]X++でよく使う型とそのスコープのまとめ

X++でよく使う型とそのスコープのまとめ

時々質問が飛んでくるので、メモ。

標準的な型



スコープ
Deault
int
-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
0
int64
-9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,808
0
real
]-(10)127(10)127 [,      

16桁の精度を守りつつ。

0.00
String
Unlimited
""
TimeOfDay
0~86400(32bit)
0
date
1/1/1900 ~ 31/12/2154
1/1/1900
utcdatetime
1900-01-01T00:00:00 ~ 2154-12-31T23:59:59

この値の最小と最大がtimeOfDay型とdate型でも最小最大である。

1900-01-01T00:00:00

realはBCD-encoding: 64 bitとあるので  (※BCD=binary coded decimals=二進化十進数)
16桁の精度を持ったDecimal型である。

Boolean

表示
Bool値
1
True
0
False
true
True
false
False
44
True

Default : false


X++データ型とXSD型のマッピング
ついでにAIF使ってたらよく出てくるのでXSD型とのマッピングも書いておく。

X++データ型
XSD型
String
xsd:string,maxLength=StringSize
Integer
xsd:time , ISO format:HH:MM:SS

(global::isTypeTime が True の場合はタイムスタンプ
Int64
xsd:long
real
xsd:decimal , fractionDigits=NoOfDecimals
date
xsd:date , ISO format:YYYY-MM-DD
Enum
xsd:string , enumeration=<EnumName>,...
GUID
xsd:string , pattern='[0-9A-Fa-f]{8}...'
BLOB
xsd:string , Base64 encoded


0 件のコメント:

コメントを投稿