2010/01/21

[DynamicsAX2009]AIFの実行環境設定

AIFの実行環境設定


AXのBasicメニューより以下を設定する。




Local endpoints設定


会社毎にLocal endpointsを設定する。
Local endpointsはI/Oを許可した会社の別名と考えれられる。

Newボタンを押し以下項目を設定する。


Company  セレクトボックスより設定したい会社名
Local endpoint 任意の名前


Transport adapters設定


どのアダプターを使用するかを決定する。

通常はFile System Adapterを使用するが、
BizTalk Adapter等の特殊な設定も存在する。



Adapter class セレクトボックスより設定したいAdapterClass名称を選択。
Name Adapter classより自動設定される。
Active チェックを入れる。
Direction Adapter classより自動設定される。


Channels設定

AIFで使用するXMLファイルのI/Oの場所設定を行う。

File System Adapter

Outboundを作成してから、Inbound作成すること
そうしなければResponse channelの設定で少しつまる。

Response channelの設定は、
Inboundの場合は対応するOutboundを、
Outboundの場合はブランク、
Bothの場合は自信の設定を入力する。

BizTalk Adapter

DirectionがBothになることと、
Response channelが自分自身になること、
それからConfigureボタンでサーバー名称の設定をすることを忘れない。

※他環境から設定をインポートする際にここの変更を忘れることが多い。



Channel ID 任意のID
Name 任意の名前
Active チェックを入れる
Adapter Transport adapters設定で作成したAdapter
Direction Inbound(入力)
Outbound(出力)
Both(両方)
Parallel processing チェックを入れなくてもよい
Address File System Adapterの場合はサーバーのフォルダ。
BizTalk Adapter等の場合はIPアドレス等
Response channel ※上記参照


Endpoints設定

Endpoint追加
まずはNewボタンで新規設定を追加



次にGeneralタブに切り替えEndpoint IDNameを任意の名称で追加。
Outbound channel IDにChannels設定で追加したものを設定。
Local endpoint IDにLocal endpoints設定で追加したものを設定。



Constraintsタブに切り替えてNo constraintsチェックボックスを有効にしておく。


Usersタブに切り替えてNewボタンを押し、
AIFを許可するユーザーもしくはユーザーグループの設定を追加し、保存する。


例では
User type User group
Application user or group Admin
Name 自動設定


Action policy設定
次にAction policiesボタンを押し
(保存ボタンを押していないとエラーが出るので注意)

Action IDをセレクトボタンより設定する。

ここで[サービス名称.アクション名称]を選択し設定するのだが、
この一覧にサービスを表示させるためには、

Setup > Services の中でEnableチェックボックスを有効にする必要がある

選択したらStatusをEnabledにしておく。


Data policies設定

次にData policiesボタンを押し、ポップアップしたウィンドウの中のData policiesボタンを押す。
公開したいField項目にEnabledを設定する。



Endpoint有効化

Endpointウィンドウに戻り、
Overviewタブで作成したEndpointのActiveチェックボックスにチェックを入れる。


以上。


0 件のコメント:

コメントを投稿