2009/05/04

[日記]インフルエンザ・パンデミック

パンデミックとは一時的世界大流行のこと。
今はやっている豚インフルが世界大流行することをインフルエンザ・パンデミックといいます。


現在WHOが発表しているフェーズは5です。
これはパンデミックが起こる際には6段階のステップがあるとされ、
現在は5・・・つまりパンデミック直前です。


過去インフルエンザ・パンデミックは何度か起こっているようですが、
多数の死者を出しています。
医療体制が整ってきたとはいえ、日本がパンデミックに巻き込まれた場合。
体力の無い、子供・老人の死者は免れないと思われます。


現在、この豚インフルが発症した場合は隔離病棟に入れられます。
検疫法に基づく健康監視を拒否した場合には罰則の対象となります。
(検疫法第36条 6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金)


インフルエンザに関するQ&Aは厚生労働省のページにあります


また、こういった心配もされているようです。
東京商工会議所が出している資料に以下のものがあります。

中小企業のための 新型インフルエンザ対策ガイドライン 
〜命を守り、倒産をまぬがれるために〜

相当差し迫ったものを感じます。
ゴールデンウィーク中は引きこもったほうがよさそうですね。

2009/05/01

[日記]ブルーバックスのない図書館なんて・・・

先日、散歩がてら地域の区民図書館に初めていってみた。
息子(重量5kgちょい)を背負って20分徒歩はいい運動になる。

こじんまりとした図書館だった、
建物は区民体育館と一体化しており、
入り口ではママさんバレーの声が聞こえた。

一回で借りれる冊数は20冊、期間は2週間。

図書カードを作成した後、プラプラと中を見回る。
おお、「アドルフに告ぐ」が全巻あるじゃないか、借りだ。
懐かしい十二国記だ、また借りて読むかな。
うう、やっぱり京極夏彦の本を借りて帰るのは勇気がいるなぁ(重量的な問題で)

そうやってウキウキ図書館内を散歩してると、
あれ〜?講談社のブルーバックスシリーズが見当たらない?

図書館っていうのは、
買うまでもないけど、読み漁りたい本を置いておく場所だ。
後、図書館の目的は地域住民の教養度UPのためじゃないか。
ブルーバックスなんて、その二つの条件を満たす最たるものじゃないか。
今までの人生においてブルーバックスがない図書館なんて始めてみた!
くそ「2063年、時空の旅」とかもう一度見たかったのにな、

ブルーバックス!カムヒア!