2009/02/22

[日記]情報処理技術者試験

IPAが主催する情報処理技術者試験が今回から
色々変わるっていう話は前から聞いていた。

それもあって今までとっていなかった基本情報処理をとりあえずこの前とった。

さてどうなるのかな?ITパスポートなんだそれは?
って思っていたら@ITに詳しい内容がのっていた。

情報処理技術者試験、新制度の全貌が明らかに
@IT自分戦略研究所

個人的にはスッキリした感じはする。

今までなら、初級シスアドをとりました。
その上は上級シスアドです。
それに対して基本情報処理試験は?初級シスアドより上なの?
上級シスアドより下なの?

という風に各種資格のヒエラルキーが混在していた。
経験則による、ある程度のヒエラルキーはあったが、
人によっては初級シスアドのほうが基本情報よりとりにくい
なんて話も聞くぐらいだった。

そこでIPAが行ったのは
Lv1:ITパスポート(旧初級シスアド)
Lv2:基本情報処理
Lv3:応用情報処理(旧ソフ開)
Lv4:各種専門試験


とヒエラルキーを整えたのだ。
これで今までわかりにくかったステップアップの形式が見えてくる。

ちなみにいくつかの掲示板で見た情報なのだけど、

  1. ITパスポートを受験しなくても
    LV2,LV3,LV4の試験は受けれるとのこと。
  2. ITパスポートは合否判定ではなく、
    TOEICのようなスコア形式になるとのこと。

また人材モデルの整理も行われ、
3類型、7人材像が設定される。
3類型は7人材像の大区分。

  • 基本戦略系人材
  • ソリューション人材
  • クリエーション系人材

そしてそれぞれに7人材が

  • 基本戦略系人材
    • ストラテジスト
  • ソリューション人材
    • システムアーキテクト
    • サービスマネージャ
    • プロジェクトマネージャ
    • テクニカルスペシャリスト
  • クリエーション系人材
    • クリエータ

ストラテジストは何をするかわからん。
ITを活用したビジネス価値の増大とか何を言ってるのか~?

システムアーキテクトはシステムのデザイナかな。
とあるビジネス戦略がある場合にそれに適応する最適システムをデザインする。
私がなりたいものの一つ。

サービスマネージャは保守関係のスペシャリストかな。

プロジェクトマネージャはシステムの構築係

テクニカルスペシャリストは各分野に特化したスペシャリスト(DB、ネットワーク ...etc)

クリエータはそのまんま

ちなみにクリエータは情報処理試験の範疇外。

0 件のコメント:

コメントを投稿